整形外科と接骨院の違い|弘明寺駅すぐ!ひらの整骨院・整体

営業時間

MENU 接骨院と整形外科の違い

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故にあったがどこで処置を受けるべきか分からない
  • 病院に行ったが、レントゲンを撮影し、薬を処方されただけだった
  • 整形外科に通いたいが仕事が忙しく通えない
  • 満足のいく施術を受けられる接骨院に転院したい

あまり知られていないことですが、交通事故後に自賠責保険を使って治療を受けることができる場所は大きく2種類あります。それは病院(整形外科)と接骨院です。どちらに通えばいいというものではなく、どちらにも通う必要があると当院では考えております。

自賠責保険の補償についてはこちら

 

ほとんどの人は交通事故の後、病院・整形外科でレントゲン等による検査を受けられます。その際に骨折などの異常が発見されれば、ボルトを入れる等の手術を行い、異常が見られない場合は湿布や痛み止めを処方され経過を観察するというケースが大半です。

これは交通事故後に必ず必要なことです。医師による正式な診断書は交通事故後のさまざまな場面で必要になるので必ずもらいましょう。病院や整形外科でしか受けることのできないサービスとしては以下のようなものがあります。

●医療機関(病院・整形外科)

では、整形外科に通えばそれだけで交通事故後の治療が十分かと聞かれるとそのようなことはありません。痛み止めや湿布はあくまで痛みを抑える・感じにくくするための物であり、痛みや原因そのものを解消しているわけではないからです。

痛みの原因そのものを解消するための施術を行っているのが接骨院です。接骨院では柔道整復師という国家資格を持った専門家が主に手技による施術を行います。交通事故の後、個人の筋肉や骨格、神経の状態に合わせて健康に過ごせるようになるまでの身体面のメンテナンスを行うことが接骨院の役割です。

●接骨院

特にMRIやレントゲンでは異常が見つかりにくい、むち打ち症や腰痛、捻挫・打撲などの症状は接骨院が特に得意としている症状なのでこれらの症状で悩まれている場合にはお気軽に当院にご相談ください。当院では交通事故の患者様をこのような形でサポートしています。

近年、一部の整形外科や病院で交通事故後の治療のために整骨院へ通うことは認めないという風に患者様に伝えているケースがございます。

そのように言われると『整形外科の先生がそう言ったのだから違いない』と考えてしまう方が多いのですが、交通事故の治療を接骨院で受けたいと患者様が望むのであれば患者様の意思で受けていただく事ができます。

もし現在、病院や整形外科で治療を受けているにも関わらず体が良くなっていなかったり、診察時間の関係で満足に通えていない場合は、転院や併院をおすすめしています。

医療機関から接骨院へ転院する・併院するとなると、書類を書いて申請したりと手続きが大変なイメージがあるかもしれませんが、実は、基本的に保険会社の担当者に転院する先の情報を伝えるだけでいいのです。
不安のある方は当院が手続きをサポートいたしますので、ご安心下さい。

執筆監修:ひらの接骨院・整体院 院長 平野佳人

ACCESS アクセス

  • 施術
  • 外観

map

〒232-0067 神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8

2019年GW中の営業について

午前午後
4月27日(土)営業14時まで
4月28日(日)休み休み
4月29日(月)休み休み
4月30日(火)休み休み
5月1日(水)休み休み
5月2日(木)営業営業
5月3日(金)営業営業
5月4日(土)営業14時まで
5月5日(日)休み休み
5月6日(月)営業営業