スポーツ障害なら|弘明寺駅すぐ!ひらの接骨院・整体

営業時間

MENU スポーツ障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 痛み・しびれが原因でスポーツに集中できない
  • スポーツ障害に悩まされている
  • スポーツのケガを治すだけでなく、パフォーマンスアップをしたい
  • 病院や整形外科に通っても良くならなかった

スポーツ障害は『オーバーユース症候群』『使いすぎ症候群』とも呼ばれる症状でスポーツに欠かせない反復練習などを行う中で体の一部の箇所に負担がかかり続けた結果、関節や筋肉などに炎症・損傷が起きる症状のことです。

この状態を放置してしまうと炎症が悪化していき、過労性骨膜炎というより重い症状を引き起こしたり、疲労骨折という症状になってしまったりします

施術期間も競技に復帰するまでに1年以上かかるケースもあるので、スポーツ中に何か違和感を感じたときは早期に専門家に見てもらうことが重要です。

これらのスポーツ障害は反復動作を行う中で関節を中心とした体の使い方に癖が生じ、負担をかける事で関節・筋肉に炎症が起きることで痛みが生まれています。野球では野球肘や野球肩、テニスではテニス肘、陸上選手では腸脛靭帯炎やシンスプリント、バスケットボールやバレーではジャンパー膝、サッカーではオスグッド病などの症状が代表的な症状として挙げられます。

スポーツ障害を改善するにはマッサージや整体で行う筋肉系の施術とは別に、炎症が発生している関節から炎症を取り除くための施術が必要になります。

また自宅でのストレッチなどで一時的に体の痛みが取れたとしても、関節の炎症がなくなったわけではないのでスポーツを続けるうちに痛みが再発することがほとんどです。

スポーツ障害は筋肉がコリ固まってしまっていることも痛みを感じる原因のひとつではありますが、肩関節の炎症が根本的な原因にあるケースが多いです。

関節の炎症を取り除く施術を受けずにマッサージなどで筋肉をもみほぐしても、十分に痛みは取れず筋肉もすぐに元の状態に戻ってしまいます。スポーツ障害を根本的に改善していくには、関節の炎症を取り除く施術と既に固まってしまった筋肉をほぐす施術を同時に行う必要があります。

当院では整体院やマッサージ、他の整骨院に通っても改善しないスポーツ障害の根本原因にアプローチしていくために、関節の炎症を取り除き体に負担のかからない動きを行うための施術と、すでにコリ固まってしまった筋肉をもみほぐすための施術を組み合わせて行います。

スポーツ障害の場合、最初は痛みが強いため、電気等の物療、簡単に患部の調整を手技にて行います。その後、関節の炎症を取り除くための『関節調整』を行います。

日常生活を送る中で負担がかかっている膝、肩、腰の関節の不要な負荷がかからない状態に調整することで、筋肉のコリや骨格の歪みが生じにくい体を作っていきます。

関節に負担がかからない状態を作っていくので、関節の可動域は大きくなり、血流の流れ、柔軟性も高まります。あわせて既に発生している筋肉のコリ、緊張を取り除くための『筋肉・筋膜調整』を行います。筋肉・筋膜の調整は傍から見ているだけだと普通のほぐしに見えてしまうのですが、筋肉を立体的に捉え、体のより中心に近い部分の筋肉から正常な状態にしていくので、体のコリをしっかりと取り除き、いい状態を長く続けることができます。

野球肘、野球肩、オスグッドなどのスポーツ障害でお悩みの方は、当院にお気軽にご相談ください。

執筆監修:ひらの接骨院・整体院 院長 平野佳人

ACCESS アクセス

  • 施術
  • 外観

map

〒232-0067 神奈川県横浜市南区弘明寺町149-8

2019年GW中の営業について

午前午後
4月27日(土)営業14時まで
4月28日(日)休み休み
4月29日(月)休み休み
4月30日(火)休み休み
5月1日(水)休み休み
5月2日(木)営業営業
5月3日(金)営業営業
5月4日(土)営業14時まで
5月5日(日)休み休み
5月6日(月)営業営業