ゴルフ中の日焼け止めは必要⁈vol.116

先日、LPGA女子ツアーの開幕戦で、沖縄の琉球ゴルフ倶楽部にいった時のこと。
曇り空で油断し、頭皮を全開に焼いてしまった反省を含めたコラムでございます。

「ゴルフと日焼け:プレイ中の日焼け対策の重要性」

ゴルフは、屋外で行われるスポーツのため、日焼けのリスクが高いと言えます。特に長時間にわたるプレー中は、紫外線の影響を受けやすく、肌へのダメージが懸念されます。そのため、プレー中の日焼け対策は非常に重要です。

まず、日焼け対策の基本は、適切な日焼け止め剤の使用です。SPF(Sun Protection Factor)が高い日焼け止め剤を選び、プレー前に十分に塗布することが重要です。特に顔や首、腕などの露出部位を重点的に保護することが大切です。

また、日焼け止め剤の塗布は、プレー中にも定期的に行う必要があります。汗や水によって日焼け止め剤が落ちやすくなるため、2〜3時間ごとに再塗布することが推奨されます。特に長時間プレーをする場合や、水が多いコースでプレーする場合は、より頻繁な塗り直しが必要となります。

さらに、日焼け対策には帽子やサングラスの着用も重要です。帽子やバイザーをかぶることで、顔や頭皮を紫外線から守ることができます。また、UVカット機能を備えたサングラスを着用することで、目やまぶたを保護し、眩しさを軽減することができます。

さらに、長袖の衣服やパーカー、軽量で通気性の良い素材の服装を選ぶことも重要です。これにより、肌を直接紫外線から保護するだけでなく、汗を素早く吸収して体温調節をサポートすることができます。

ゴルフを楽しむためには、日焼け対策を怠らず、肌をしっかりと保護することが重要です。適切な日焼け止め剤の使用や適切な服装、帽子やサングラスの着用など、これらの対策を実践することで、快適で安全なゴルフラウンドを楽しむことができます。